恋愛・友達・高2の夏

10代の時と言うのはまだ社会やモラル等に対して、未熟に感じることが沢山あると思います。

特にここ最近では18才から選挙権が与えられたりと、色々な意味で世の中に変化も起きてきていると言う事から、10代の経験値が早く形成されなければならない時代に変化しつつありますね。
まずこれは基本的に10代で経験してみるのが望ましいと思う事柄を挙げてみましょう。

恋と失恋

恋は人に対し、優しさを注いだり、思いやりの心を与えたり与えられたり、切なさや喜び、そして失望や悲しみ等10代では多くの人が経験する事の1つですが、最近の世の中では恋の対象物が人から人ではなく、モノを言わないものに対して向く傾向が多くなってきている様に思えます。
ある意味それは傷つく事の恐れかの様にも感じますが、やはり人は人に恋をして、気持ちが通じ合える喜びを分かち合ったり、時に悲しい結果になってしまっても、胸に秘める思いやワクワクドキドキする経験を通して、
心が成長していけたり、自分磨きになっていくのではないでしょうか。

友達付き合い

友達付き合いも、勿論大切なものですね。そのあたりはやはり人間関係と言う面では切っても切り離せないものです。人を助けたり人に助けられながら人は生きていかなければなりませんから、人を思い合ったりする心の成長に於いて、喧嘩したりぶっちゃけ話をしたり、青春時代を謳歌すると言う意味で、恋愛とセットに考えても良いかもしれません。

高2の夏

高二の夏に別段こだわる必要もないと言われてしまうかも知れませんが、高二の夏と言えば、学校生活にも慣れてきてこぞってバイトをし始める学生さんが増えて来ますね。

夏休み、汗水垂らしてアルバイトをしたお給料で何かを買ったり、職場の先輩やバイト仲間との人間関係をほんの少しでも経験したり、仕事でミスしてしまったりと、ちょっとほろ苦い経験や労働すると言う事で対価を得る喜びを感じたり、自己評価に繋がる部分や
自分の未熟さを分かっていく事に繋がるのだと思うのです。

怖がらず社会に出る予行演習位の気持ちで是非10代の内にどんどん経験していってほしいと思います。

Categories: 未分類