友達のお家にお泊り

やっぱり10代で体験しておくといいのはお友達のお家にお泊りです。
学校でお泊りする日にちを決めたりする楽しさや夜なにしよーかってわくわくしながら考えてしまう時。

思い出は残しときたいですよね!お泊りと言えば恋愛馬なし!学校とかで話せても周りを気にしちゃって話せないこともあるかとおもいます。
電話やメールだけでなく直接話したい!って時にお泊りがいいとおもいます。
枕投げしたりゲームしたりお話したりたくさん思い出が作れます。

好きな人にどうアタッタクすればいいか作戦を立てたりメイクの練習や服をコーディネートしたり明日ダブルデートで可愛くきめるのに手伝ってもらったり!たくさん楽しめる事があります。
朝まで語り合ったりして寝不足になったりして楽しいとおもいます。
いつでも出来るって思っていても10代を過ぎたらなかなかできません。
今出来るうちに体験しておくといいとおもいます。
やっぱりお泊りする事で相手の表情がすぐ分かったり意見をすぐ交換したり出来ることはいいことだとおもいます。

また友達が悩んでたら側にいてあげてしっかりと悩みを聞いてあげることも重要です。
また、彼氏のお家にお泊りするってなった時は彼氏のお家の方に挨拶などちゃんとする事がいいとおもいます。
いい印象をみせましょう。!

これから先長いお付き合いになるかもしれないんです!
今から慣れておけば次来た時すんなり挨拶が出来るはずです!
なにげないお泊りであっても体験しておくだけでいつかきっとあの時こうだったからこうすれば次は大丈夫かなってすぐわかる。一つ一つの行動と言葉遣いを気をつけてお泊りを楽しんでくれると嬉しいです。

またアルバイトをするのもいいとおもいます。
一足先に社会にでて社会の厳しさとお金を稼ぐ大変さがわかるとおもいます。
親からもらったお小遣いなど大切に使ってくれるといいなとおもいます。
またアルバイトで年上の方との接し方や喋り方などの勉強にもなるとおもいます。

Categories: 未分類

資格への挑戦と海外短期留学は10代で経験がオススメ

10代は「大人」の都合で子ども扱いされたり、大人扱いされる時期でもあります。それで嫌な思いをすることもあるでしょうが、逆にそれを自分の武器にすることができます。

勉強面でいえば、英検、漢検、などが身近で学校や塾でもサポートが受けられます。また、勉強の話と思うかもしれませんが、これは勉強が認められるだけでなく、何かに挑戦するという勇気を鍛える訓練になるのです。

試験会場には、同世代だけでなく大人もいます。中学、高校、大学受験は決まった時期にしかできませんが、資格試験は年間通じて受験できるので、ドンドン挑戦すべきです。その他、習いごとをしているのであれば、その分野の試験やオーディション、コンテストなどにも挑戦します。もう1つしておくべきことは、語学学習です。

ずばり「英語」ですが、将来、何をするにも、海外に行かなくとも日本においても英語は必要です。なぜなら、英語ができるのが当たり前の時代に生きているからです。「英語ができればかっこいい」という親の世代とは時代が違います

。これは受験勉強だけにとどまらず、就職、ビジネス、全てにおいてです。もし、親の理解と協力が得られることができれば、異文化交流にも積極的に参加しましょう。小学生から対象に短期の語学研修を留学会社が企画しています。
中学生、高校生になるとさらに、その選択肢は広がります。世界が広がり、友達の幅が広がります。海外から日本を見る事によって、自分の生まれた国を違った視点で見る事ができ、さらに違った文化や視点を受け入れる柔軟な精神ができます。

これが大人になってしまうと、固定観念が先だって、なかなかそうはいかなくなってしまうことが多くなってしまいます。

海外へ行くのが難しければ、国内でも英語合宿や英語キャンプなどがあり、海外に近い体験ができます。以上のように資格、英語などと堅苦しいことばかりをいっていると、学校の先生に言われているみたいで嫌だと思われるかもしれませんが、最後に忘れないで欲しいことは、自分が集中できるもの、やりたいことを10代でみつけることです。

そのためには、部活や今やっていることを精一杯やっていく必要があります。

もし、今やっていることが自分のやりたいことでないと、言いたいのであれば、なぜそうでないのかを自分で説明できるくらいまでは、やってみましょう。

自分が本当にやりたいことを見つけるのはそう簡単なことではありません。それを見つけることができれば、自分で自分の将来を考え、親を説得し、自分の道が切り拓かれることでしょう。

Categories: 未分類

10代のうちにしかできないことを10代のうちに!

10代と20代って響きが全然違いますよね…。
世間からも10代と言うと、まだまだ子供に見られますし、20代と言うと大人に見られますし。
最近では選挙権が18歳から与えられたりと10代でも大人というような考え方もありますが、やはり10代と20代とでは自分自身も感覚がかなり違うと思います。成人式も20歳ですしね。
そこで、10代のうちに体験しておくと良いことは、色んな仕事を体験しておくことです。
なかには10代から正社員で働いている方も大勢いらっしゃると思いますが、若いうちから色んな職種を体験するということは、とても大切だと思います。

正社員に限らず、アルバイトでもたくさんの職種を経験して、自分に合う仕事を見つけることは、必ず自分の将来のために、とても役に立つ経験になると思います。
たくさんの経験をして、将来、正
社員で働くときに今までの経験をいかすことが出来ると思います。
自分に合った職種を見つけていると、自分に合わないから、とすぐ辞めることもなくなると思います。

長く働いていると、スキルアップもするでしょうし、周りの方からの信頼を得ることもできるでしょう。それは自分自身のためにもなります。そうすると、自分に自信もついてきます。

色んな職種を10代のうちに経験しておかないと、20代からコロコロ転職していると、就職するときに面接官に、転職ばかりしてこの人は長く続かないんだと思われ、採用されにくくなる可能性があります。
そうなる前に若いうちに、自分自身に合った職種を見つけておくことは、とても大切なことです。

色んな職種を経験して、ある程度世間の荒波にもまれていたら、そこそこ忍耐力や常識も身につくだろうし、いい経験だと思います。10代のうちは、まだ若いから、と言って済まされることもあるだろうし、これは10代ならではの出来ることだと思います。

後は、10代のうちにしか出来ないようなファッションを楽しむことです。やはり20代にもなってくると、世間体が気になったり仕事の関係で、若々しいファッションが出来なくなりますから、10代のうちに思いっきりファッションを楽しむのもいいと思います。

Categories: 未分類

ボランティアなどで、早いうちから外の世界との関わりをもつ

もし、学校の校則などで可能ならば、アルバイトは10代のうちに経験しておいたほうがいいと思います。アルバイトが難しい人ならば、ボランティア活動などをしてみたらいいのかな、と思います。

学校以外のところで、色んな世代の人たちと関わることで見えてくるものはとても大きいです。もし、あなたが学校での悩みごとがあるのだとしたら、なおさらオススメしたいです。世界は、学校の中だけでは決してありません。

色々な年齢や、経験を重ねてきた人たちと時間を過ごすことで、「こんな考え方もあるんだ」「こんな人もいるんだ」という理解を深めることができます。

もちろん、いい人やそうでない人とであったり、うれしい経験や、ときには悲しい経験もするかもしれません。しかし、それらはすべてこれからの人生に役に立つことだと思います。そして、10代という若いうちから経験しておくことでより生きやすくなるのではないかな、とも思います。

たとえばアルバイトならば、親と同世代の人と関わり働くことで彼らの苦労が分かったり、基本的な礼儀など社会に出るときの基盤ができたりします。

お金を稼ぐことの大変さや、楽しさ、自らお金を稼ぐことでお金の大切さがわかるのではないでしょうか。お客さまから、自分が想像もしていないくらい感謝されて、やりがいを見出すこともあると思います。

人の役に立つ、ということの喜びが、これから自分がやっていきたいことを明確にしてくれるきっかけになったりするかも知れません。

学校とは全く違う環境に身を置くことで、普段は気付かなかった自分の強みを見つけたり、もしかしたら大好きなことや人、生涯にわたる親友と出会うことになるかも知れません。

外の世界との関わりを持つことで、たくさんのことが知れると思います。いままで理解できなかったことが、突然、ふと理解できる時が来ることもあります。

実際に、人と会って、関わっていくというのが一番の刺激となり、経験となるように感じます。

Categories: 未分類

若々しい服を着て、ピュアな恋愛をする。

若々しい服を着ておいたほうがいいと思います。10代だと、まだわからないと思いますが、肌の老化は20代から、恐ろしくどんどん進みます。

いくら手入れをしても、ハリはなくなります。それに、社会人になるので、あまり好きに自由な服は着ることができません。

ですので、しっかり日焼け止めや手入れをしたうえで、ホットパンツやミニスカートをはいたり、オフィスや子育て中では着られないような、自分の好きな感じの若々しい服や個性的な服を着ておいたほうがいいと思います。

明るい色味の服なども着たらいいのではないかと思います。10代ほど、自分の個性や若々しさを表に出しても、あまり恥でない時期はないので、沢山オシャレをしたら後悔が少ないのではないかと思います。

学生服が好きな人は学生服もたくさん着ておいたらいいと思います。また、家庭を持つようになると特に自分の服にお金を費やせなくなるので、独り身のときにファッションは楽しんでおいたほうがいいと思います。

また、10代は、世の中ではキュンキュンと言われるような恋愛を楽しんだらいいと思います。
社会人になると、人との出会いも、人をみる視点も現実的になるし、ときめくとか、憧れるとか、純粋に格好いいから好きになるとか、そんなことは滅多になくなることが多いと思うので、10代は、難しいことを考えずに、片思いでも両思いでも、楽しんだらいいと思います。

そんなキュンキュンドキドキするような時期は、社会人になれば、もう来ないです。若気の至りで、街でキスとかもしちゃえばいいと思うし、海とかテーマパークとか、学校から一緒に帰るとか、写メをたくさんとるとか、社会人だと言いだすことも何だかなぁと思ったり、体力使ったり、社会人じゃできないことをして、思いっきり楽しんだらいいと思います。
10代でも結婚を考えて恋愛をする人もいる人もいるだろうけど、社会人の方が結婚も考えて人を選ぶようになるから、10代のうちは、職業とか家族構成とか、そういうこと気にしないで、一緒にいたいと思う人を純粋に好きになったらいいと思います。

Categories: 未分類

色々なバイトを経験し、社会体験をしよう。

バイトは、未経験でも、受け入れてもらえる社会体験です。
このチャンスを大いに活かし、色々なバイトを体験しましょう。給料をもらえ、なおかつそこで、マナー、礼儀、バイト先の仕事を教えてもらえます。

時には、厳しい指導を受ける時もあるでしょう。是非逃げださないで、何がいけなかったのか、どうすれば良いのか?を考えて、直していきましょう。
謝罪すると言うのも、とてもいい経験になります。

どうしても、どうしても耐えられない、解決できないトラブルがあると言うときは、即辞めましょう。バイトは簡単に辞めれます。

新卒で社会人になってから、仕事を辞めると、次の職場では、中途採用となります。世間では、やはり、新卒の正社員採用で永年勤務が優遇されています。

就職して、こんなはずじゃなかった、、、と、会社を辞めない為にも色々な世界を知っておくと良いのです。
自分にあっている仕事は、どのようなものだろか?接客業か?人と話すのは、苦ではないか?
デスクワークは、得意か?
自分が好きなものは、なんだろか。バイトは、社会体験のチャンスなのです。
その中でも、是非最初に体験して欲しいバイトがあります。
まず最初は、自分で利用してみて、気持ちの良い丁寧な接客をしてくれる、明るい清潔な飲食店のホールスタッフを体験してみましょう。

マナーに厳しい一流な店ほど、面接もしっかりしています。そこで、採用になる為の受け答えも練習できます。一流店では、不採用になることもあるでしょう。へこまず、どんどん応募し次のお店の面接をしましょう。度胸も、つきます。受け答えも、立派になっていきます。絶対に、就職活動時にこの経験が役に立ちます。

楽をして、ゆるい適当なお店で採用になり、バイトをする事は、人生において得策では、ありません。一流飲食店で採用になり、マナー、スマートな身のこなしを身につけ、接客業を極めたら、居心地が良くても、円満に辞めて、次のステージにステップアップしましょう。
つぎは、どこの面接でも、堂々とでき、採用になるでしょう。
色々なバイトを経験する事は、就職を成功させ、人生を成功させるスタートの入口です。

Categories: 未分類

輝。

私は今年、社会人三年目の21歳です。やりたい仕事につけたわけではないですし、ただ仕事をこなす毎日。
プライベートも特に充実している事もなく、最近はほとんど1人で出掛けてるのが定番です。それでも、今はそれなりに充実してます。

慣れると案外居心地がいいように思えます。私がまだ10代で学生だった頃は金銭的に貧困な家庭で育ってきました。

口癖が ビンボウ だから…でした。ビンボウだから…できない。ビンボウだから…、ビンボウだから…、と貧乏を言い訳に他人と自分を比べて、自分がすごく劣っているように思えて、苦しかった時期もありました。

家族の旅行といっても、本当に記憶のない幼い時ばかりで、もの心ついた時には全くそういうのもありませんでした。私が中学生、高校生になり、年頃になって、友達と出掛けたいと思っても、金銭的な問題が邪魔をして、あまりそういう機会もありませんでした。

高校生の時に初めてプリクラとカラオケに行きました。おしゃれなカフェなども入った事もなく、恥ずかしながら映画はまだ見た事がありません。その事を同期に話したら笑われました。

まるで目の前に壁を作ってしまったかと思い、辛くなりました。貧しいとこんなに辛い目に合わないといけない。自分のせいじゃないのに。担任の先生に相談したら、どうにかしてあげたい といってくれたものの、結局どうにもならず、アルバイトも許されませんでした。

本当は専門学校にも行きたかったです。歌を歌う事と絵を描く事が好きだったので、将来はそれを活かした仕事につきたいと思ってました。親も薄々気づいてはいたと思いますが、その事には触れません。

私も口が裂けても、言えませんでした。専門学校の道は諦めて、いざ就職活動となりましたが、いくら求人票を眺めても、興味深いものはありませんでした。

なんだかんだで、悩みに悩み、ギリギリまで悩んで、今の仕事に至っています。何が言いたいかと言うと、それぞれ裕福な人たちや裕福じゃない人たちいると思います。

だけど、貧乏だからといって、そこで何でもかんでも諦めないでほしいです。諦める事になれないでほしいです。私みたいに…。どうしてもやりたい事は芯を貫いてほしいという事でした。

Categories: 未分類

仕事だけではなく、気遣いを示せる人になりましょう

アルバイトをしたことがある、している、という人も多いと思います。

お小遣いだけでなく、学費にしたり、もしかしたらお家にお金をいれているよという人もいるのでしょうか。

働いてお金を稼ぐというのは、それそのものも立派な仕事です。でも、それだけではありません。

社会人になってから、オジサンやオバサンになってからも、役に立つことばかりです。大人になっても、アルバイトでの経験を、有効活用してほしいと思い、この話を書いています。

アルバイト先に多いのは、同年代の学生さんでしょうか?それとももう少し年上のお兄さん、お姉さんが多いのでしょうか?

自分よりずっと年上の人に囲まれて働く経験をしている人はどのくらいいますか?

社会に出れば、自分よりも年上の人に囲まれて働くことが多くなります。同年代のお友達とは、会話の内容も接し方も当然変わってくるわけです。

さらに、会社やお店などにお勤めをした場合、会社内だけではなく、社外の方ともお会いすることとなります。

このお会いする方の確率も年上の方が多くなると思って間違いないでしょう。

さらに、60代や70代の方の言葉を借りれば、年齢を重ねれば重ねるほど「最近の若い人のことはよくわからない」と感じるかたも増えるようです。

一年ずつ、みんな年をとっていくのです。こればかりは仕方がありません。気持ちよく働くため、そして自分のことを知ってもらうためにも、こちらから声をかけたり、気遣いを示していきたいものです。

アルバイト先では、積極的に声をかけるようにしてみてほしいのです。「外は暑くありませんでしたか?」「お疲れ様でした。お気をつけて」「1日ありがとうございました」など、簡単な言葉で良いのです。

多少気難しい相手であったとしても、礼儀正しく接してください。そして相手を知るようにしてください。

目上の人、年上の人と接する時、一緒に仕事をする時に「この人なら大丈夫だ」と責任をゆだねてもらうためには、礼儀正しいことに加えて、ある程度人に気遣いを示すことが出来れば、それは大きなプラスになるのです。

Categories: 未分類

恋愛・友達・高2の夏

10代の時と言うのはまだ社会やモラル等に対して、未熟に感じることが沢山あると思います。

特にここ最近では18才から選挙権が与えられたりと、色々な意味で世の中に変化も起きてきていると言う事から、10代の経験値が早く形成されなければならない時代に変化しつつありますね。
まずこれは基本的に10代で経験してみるのが望ましいと思う事柄を挙げてみましょう。

恋と失恋

恋は人に対し、優しさを注いだり、思いやりの心を与えたり与えられたり、切なさや喜び、そして失望や悲しみ等10代では多くの人が経験する事の1つですが、最近の世の中では恋の対象物が人から人ではなく、モノを言わないものに対して向く傾向が多くなってきている様に思えます。
ある意味それは傷つく事の恐れかの様にも感じますが、やはり人は人に恋をして、気持ちが通じ合える喜びを分かち合ったり、時に悲しい結果になってしまっても、胸に秘める思いやワクワクドキドキする経験を通して、
心が成長していけたり、自分磨きになっていくのではないでしょうか。

友達付き合い

友達付き合いも、勿論大切なものですね。そのあたりはやはり人間関係と言う面では切っても切り離せないものです。人を助けたり人に助けられながら人は生きていかなければなりませんから、人を思い合ったりする心の成長に於いて、喧嘩したりぶっちゃけ話をしたり、青春時代を謳歌すると言う意味で、恋愛とセットに考えても良いかもしれません。

高2の夏

高二の夏に別段こだわる必要もないと言われてしまうかも知れませんが、高二の夏と言えば、学校生活にも慣れてきてこぞってバイトをし始める学生さんが増えて来ますね。

夏休み、汗水垂らしてアルバイトをしたお給料で何かを買ったり、職場の先輩やバイト仲間との人間関係をほんの少しでも経験したり、仕事でミスしてしまったりと、ちょっとほろ苦い経験や労働すると言う事で対価を得る喜びを感じたり、自己評価に繋がる部分や
自分の未熟さを分かっていく事に繋がるのだと思うのです。

怖がらず社会に出る予行演習位の気持ちで是非10代の内にどんどん経験していってほしいと思います。

Categories: 未分類

「失恋」泣くほど人を愛するということ

制服姿の中高校生カップルが、仲良く歩いているのを目にすることがあります。

その関係を、若々しく純粋なものと捉えるのか?恋の真似事や火遊びと捉えるのかによって、周囲の大人達の目線も変わることでしょう。

特に、多感な思春期。
性にも興味があります。
初体験済みのカップルも少なくないでしょう。

恋に恋をしたまま、周りが見えなくなったり、学業に手がつかなくなってしまうこともあるかもしれません。

若いカップルを見て
「最近の高校生は、早熟で」と苦々しく片付けてしまう大人達が大多数かもしれません。

もし、この文章を読んでいる方が、それなりの年齢の成人だとしたらご自身の10代を思い返してみてはいかがでしょう?

やはり
「最近の高校生は」
「最近の若者は」と、大人達に言われたことはあるでしょう。

また
「異性や恋愛」に興味を持ち始める年代。
淡い恋のときめきや切なさで、胸をいっぱいにして青春時代を過ごした方も多いのではないでしょうか?

大半の人は、思春期を経て成人し、少しずつ大人の恋愛を覚え、パートナーとめぐり合うために歩んで来られたのではないでしょうか?

歩んでこられた人生の中で、大失恋をして泣き明かした人もいらっしゃるでしょう。

色々な恋愛を経て、人生の伴侶と巡り合い家庭をもつ。
おそらく、祖父母や両親の世代では、それが普通だったかもしれません。

ただ、現代は恋愛のスタイルも様々です。
逢いたいと思えばすぐに逢える環境のカップル。

遠距離恋愛やネット恋愛では、なかなか目を見てお互いの体温を感じる距離にで過ごせない環境のカップルも多いでしょう。

個々に、携帯、パソコンなどで、通信や連絡などのコミュニケーションツールはあっても、
告白も別れ話もネット経由で…というのは、味気なさをかんじます。

出逢いの場が、リアルの世界からネットの世界に広がると、確かにチャンスは広がります。

「草食系男子」という言葉が存在するように、恋に臆病なまま成長していった人。
それが、その方の性格であり、快適なライフスタイルであれば問題ないのかもしれません。

ただ、若々しい恋に免疫のないまま、大人の恋愛に足を踏み入れるのは味気ないようにおもいます。

幼い恋のときめきからの、思春期の恋、そして少しずつ成熟した恋愛へと歩むのが自然な姿のように思われます。

10代の恋愛は、儚く散ることが大半でしょう。
ただ、儚く散る若い恋は、若いときしかできないのです。

もしかしたら、
若き日に、マクドナルドで別れた恋人と
お洒落なバーで再会して、
「あの頃の想い出を肴に」
お酒を酌み交わすような、大人の未来があったら素敵だと思いませんか?
「あの頃、生意気で青くさくて、でも本当に熱い恋をしたね」と語りあえる瞬間があったら、人生に深みが増すのではないか?と思うのです。

10代の頃の失恋は
カッコ悪い片思いでもいい
卒業とともに散るような恋でもいい。

卒業写真めくった時に、当時の甘酸っぱさを思い巡らせられるようなときめきを。

できれば、枕を濡らす夜があるような失恋も味わってほしいと思うのです。

そして、クラス会の通知が来た時に、大人の笑顔で参加できるような人生を歩んでもらいたいと願います。

Categories: 未分類